母が私のために払い続けていた保険の掛金を、自分で支払って生活をしています。保険は私の大切なお守りです。

保険で将来の生活も安心です。
保険で将来の生活も安心です。

保険で将来の生活も安心です。

私が保険に入ったのは高校生の頃でした。その当時は母と一緒に住んでいたので、母が保険の代金を払っていました。私はその時、体調を崩すこともなくずっと健康で生活をすることができました。大学を卒業して一人暮らしを始めるころに自分の銀行口座を持つようになりました。今までは母の名義で母の銀行口座から、私の保険料が引き落とされていましたが、自分でアルバイトも始めたので自分の口座から引き落としが可能になるように手続きをしました。

私が支払う掛金は、高校生の時から変わることはありません。このままずっと年をとっても、ずっと同じままです。母からは途中で加入の継続をするようにと言われています。今まで健康でいられることは母のおかげだと思っています。私はどんなに生活費が足りなくても、毎月の掛金は払い続けています。自分が加入している契約内容には、どのような保障がされるかどうかも調べました。通院費、治療費も含まれていることがわかりました。一日あたりに支払われる額も決まっています。ずっと病院にお世話にならないことは理想的なことですが、どこで何が起こるかどうかはわかりません。そのために自分にかけられている保障はとても安心します。自分が家庭を持ったときでも、治療のために支払わるお金が十分であれば、家族に迷惑をかけることはありません。そのために私は毎日お守りをもっていると思いながら生活をしています。きっと将来に大きな病気になったときでも安心して暮らすことができると信じています。

そのような中でもとくに見直しや検討対象になってくるのが保険になります。若い時や子育ての真っ最中に加入したプランのまま、継続しているケースも珍しくありません。そのような場合、無駄なプランであったり、本当に必要な保障に加入していないこともあるのです。それでも多くの会社から多種多様な商品・プランが発売されているのでなかなか自身に最適なものを見つけることは困難なことです。そこで利用したいのが公正に多くの会社、様々なプランを提案してくれるようなサービスなのです。自身に最適な保険を見つけてくれることでしょう。
Copyright (C)2015保険で将来の生活も安心です。.All rights reserved.